2011年4月22日金曜日

PandaboardにGentooを仕込むよ

2ヶ月ほど前にパンダボードという開発ボードを入手していたのですが、しばらく塩漬けにしていたのを掘り起こして、Gentoo Linuxを仕込んでいるところです。

最終的にはAndroid on Gentoo on Pandaboardの構成にしようと企んでいます。

とりあえず材料を整理しておきます。
  • PandaBoard:今回の主役。DigiKeyで購入
  • 5V ACアダプタ : 秋月で購入
  • USB シリアルアダプタ : 組込み系やるのには必須っぽい
  • SDHC 16GB : ちょっと大きめのを用意してみました
  • 母艦 : 最初にビルドするのにLinux環境が必要。Gentoo on Parallels on MacBook Proで済ませました
  • 液晶モニタ : 最初のうちは要らない。DIV-DかHDMI入力がないとダメです
  • USBキーボード、マウス : 最初のうちは要らない
  • HDMI -> DVI変換ケーブル : 最初のうちは要らない。画面に出力する用
こんな感じ。で、最初のセットアップ方法は
Gentoo on the Pandabord にまとまっています。
いや、マジGentooスゲー。惚れ直した♡

Formatting the SD cardの部分では bc コマンドがなかったり、パーティション切った時のパスが違ったりしてうまくいかなかったので、人間インタプリタで処理しました。
bc コマンドって初めて知りました。いつもはexprコマンド使ってます。

他、Setting the default root passwordのところで
openssl passwd -1
で生成されるのが、どうも形式が違うっぽいんで、母艦の/etc/shadowの中身をコピーしました。

で、SDカードをパンダに刺してHDMI -> DVI変換ケーブルでモニタに繋げて起動!
チカチカ

チカチカ

チカチカ
と、LEDが点滅するんですが、いくら待ってもモニタに信号は流れてきません。

シリアルケーブル繋げて、minicom立ち上げると、
あ、ログインプロンプトが表示されてました。

コンソール部分はHDMIとかでは出力されないみたいです。

という訳で、しばらくはシリアルコンソールでの作業が続きそうです。