2011年5月19日木曜日

compiz-fusionで最強デスクトップ

MAC OS XやWindows 7とかではデスクトップの描画に3Dアクセラレータを使って、イイ感じの演出や処理の効率化なんかもしています。

gnome3からは、gnome自体に3Dな機能が含まれるようになっていて、なかなかいい感じでしたが、ちょっと試したところ不安定なところもあって、もうしばらくは2.xを使うことになるかなと思います。

gnome2.x自体には3Dで描画する機能はないのですが、compiz-fusionを併せて使うことで実現できます。
ちょっと演出が派手すぎる向きもありますが、そのへんは自由に設定できるので3Dアクセラレータに描画だけさせたい場合でも有効です。

compiz-fusionはstableに降りてきていないので、package.keywordsの指定をします。
でも依存しているパッケージが複数あって、色々指定するのメンドクサイですね。
ということで、autounmaskの登場です。

emerge -av autounmask

こんな感じで使います。
autounmask -p x11-wm/compiz-fusion-0.8.6
とかって-pをつけてやると、package.keywordsなどへの変更内容が確認できます。
ヤバそうな内容はなさそうなので、 -p を外して実行します。
autounmask x11-wm/compiz-fusion-0.8.6
でマージします。
emerge -av compiz-fusion

と、実際にはXでAIGLXが使えないといけなかったりとかして、カーネルのコンフィグも関係していたりするんで、ハマるときはハマっちゃいます。

そんなときはgentoo-wikiにトラブったときの情報などまとまっているので何かと助かりますん。
http://en.gentoo-wiki.com/wiki/Compiz-Fusion

0 コメント: