2012年2月22日水曜日

ThinkpadにLion病の処方箋

OS X Lionになって、Mac以外を使う時にスクロールの方向にとまどうようになってしまった人も多いと思います。

久しぶりにGentooなThinkpadを引っ張り出して戯れようと思ったのですが、センターボタンを押しながら赤いクリクリでスクロールさせると、どうもシックリきません。

ということで、Lion病を治すのは諦めてThinkpadの設定を変えてみました。

もともと赤いクリクリの設定を /etc/X11/xorg.conf.d/99-thinkpad.conf にこんな感じで指定していました。

Section "InputClass"
    Identifier "Trackpoint Wheel Emulation"
    MatchProduct "TrackPoint"
    MatchDevicePath "/dev/input/event*"
    Driver "evdev"
    Option "EmulateWheel" "true"
    Option "EmulateWheelButton" "2"
    Option "Emulate3Buttons" "false"
    Option "XAxisMapping" "6 7"
    Option "YAxisMapping" "4 5"
EndSection
Lion病に対応させるので、Y方向を入れ替えて
    Option "YAxisMapping" "5 4"
とするだけ。

いい感じになりました♪

カーネル2.6.39のころから放っていて、久しぶりにアップデートかけたらcompizがマスクされていたりして、みすぼらしいデスクトップになってしまったのでGnome3でも入れてみようかなと思います。

0 コメント: