スキップしてメイン コンテンツに移動

PandaboardにGentooを仕込むよ

2ヶ月ほど前にパンダボードという開発ボードを入手していたのですが、しばらく塩漬けにしていたのを掘り起こして、Gentoo Linuxを仕込んでいるところです。

最終的にはAndroid on Gentoo on Pandaboardの構成にしようと企んでいます。

とりあえず材料を整理しておきます。
  • PandaBoard:今回の主役。DigiKeyで購入
  • 5V ACアダプタ : 秋月で購入
  • USB シリアルアダプタ : 組込み系やるのには必須っぽい
  • SDHC 16GB : ちょっと大きめのを用意してみました
  • 母艦 : 最初にビルドするのにLinux環境が必要。Gentoo on Parallels on MacBook Proで済ませました
  • 液晶モニタ : 最初のうちは要らない。DIV-DかHDMI入力がないとダメです
  • USBキーボード、マウス : 最初のうちは要らない
  • HDMI -> DVI変換ケーブル : 最初のうちは要らない。画面に出力する用
こんな感じ。で、最初のセットアップ方法は
Gentoo on the Pandabord にまとまっています。
いや、マジGentooスゲー。惚れ直した♡

Formatting the SD cardの部分では bc コマンドがなかったり、パーティション切った時のパスが違ったりしてうまくいかなかったので、人間インタプリタで処理しました。
bc コマンドって初めて知りました。いつもはexprコマンド使ってます。

他、Setting the default root passwordのところで
openssl passwd -1
で生成されるのが、どうも形式が違うっぽいんで、母艦の/etc/shadowの中身をコピーしました。

で、SDカードをパンダに刺してHDMI -> DVI変換ケーブルでモニタに繋げて起動!
チカチカ

チカチカ

チカチカ
と、LEDが点滅するんですが、いくら待ってもモニタに信号は流れてきません。

シリアルケーブル繋げて、minicom立ち上げると、
あ、ログインプロンプトが表示されてました。

コンソール部分はHDMIとかでは出力されないみたいです。

という訳で、しばらくはシリアルコンソールでの作業が続きそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

MacからWindowsの名前解決をする

Windowsな環境だと、NetBIOSでコンピュータ名で名前解決ができたりしてとても便利です。そんなこともあって、一時期はLinuxサーバに用がなくてもSambaをインストールしたりしていた時代もありました。 ですがMacからはNetBIOS名で名前解決してくれません。Windowsとのファイル共有にはSambaが使われているので、NetBIOSで名前解決しようと思えば簡単にできるはずですが、色々あるんでしょうね。きっと。 実際のところ、ファイル共有だけであればWindowsでもLinux上のSambaでも問題なくできるんですが、pingを打ちたい時や、pingを打ちたい時、ほかhttpとかデータベースに繋げたい時とかに困るんです。pingを打ちたい時の方が多いですが。 とりあえず手動でなら、NetBIOS名からIPアドレスは引けたりします。おもむろにターミナルを開いて $ smbutil lookup ホスト名 とすれば、IPアドレスが引けます。 ので、このIPアドレスを指定してping打ったり、他色々できますが、面倒でやってられませんね。 じゃあMacでNetBIOSのようなものってないのかというと、ちゃんとあって、mDNSという仕組みが使われています。 mDNSの詳しいことは後日調べるとして、LinuxならavahiをWindowsならBonjourをインストールして、ホスト名.localで名前解決ができるようになります。 他、DHCPサーバとDNSサーバを連動されてあげれば、ソフトを追加でインストールしなくて済むのでスマートに仕上がりますが、最近は面倒なのでDHCPサーバはブロードバンドルータに任せっきりなのでありました。 Bonjour for Windowsのダウンロードがイマイチ良く分からないことになっています。 とりあえず Bonjour Print Services for Windows をダウンロードすれば大丈夫そう。

M1 Macbookの仮想化環境 Parallels DesktopでWindows10

 CPUアーキテクチャの変更でもっとも影響を受けるところからいきなりぶっこんでみようと思います。 十数年前にPowerPCアーキテクチャからIntelアーキテクチャへの変更で、ユーザとしてもっとも恩恵を受けられたのがBootCampやParallelsなどの仮想マシン環境を使って、Windowsが使えるところが大きかったりします。 開発作業などはMacだけで行えたとしても、動作確認を行うためにWindowsの環境が必要になったり、Mac版のMS Officeでは印刷がズレてしまったり、Windows版のソフトしか提供されていなかったりなど、手元でWindowsが動いてくれたほうが嬉しい人も多いと思います。 IntelアーキテクチャからARMアーキテクチャの変更によって、一般的に広く使われているIntelアーキテクチャ向けのWindowsは動かなくなっています。 ですがMicrosoftはWindows8の頃から、ARM向けのWindowsをハードウェアベンダ向けには提供していて、これが一般に向け提供されるのかみなさん興味津々な状態です。 一般向けに提供されている訳ではないですが、Microsoftのベータテスト的なプログラム Insider ProgramでWindows 10が配布されており、これを試しに動かすことができるようです。 Windows Insider Program Macの仮想化環境としてはParallels、VMWare Fusion、VirtualBoxなどが使われていると思いますが、私はParallelsを愛用しています。 Parallels DesktopのM1対応のテクニカルプレビュー版 が公開されているので、これを使ってARM版Windows 10を動かしてみます。 早速Parallels Desktopのテクニカルプレビュー版をダウンロードしてみます。ダウンロードした時のバージョンは16.3.0-50385 となっていました。 インストール後に、こんなダイアログが表示されます。Intelベースの既存のVMを動かすことはできないし、新しくIntelベースのVMを作ることはできない的なことを書いていそう。 続いてWindows 10のイメージのダウンロードを行いますが、サイズが7.6GBもあるのでかなり時間がかかります。ビルド番号は202

DebianをSqueezeに上げたらKVMの仮想マシンが起動しなくなった

先日、無事にサーバのDebianをSqueezeにアップグレードした訳ですが、KVMの仮想マシンが起動しなくなっていたのをメモしとくの忘れていました。 実際のところ、KVMの仮想マシンが起動しなくなるという訳ではなくて、libvirtを使っていて、且つ、仮想HDDをrawフォーマット以外(qcow2とか)を使っている場合に Starting SeaBIOS (version 0.5.1-20101112_103537-polaris) Booting from Hard Disk... Boot failed: not a bootable disk No bootable device. なんて可愛らしメッセージが表示されちゃいます。 あまりの可愛らしさに胸がズキューンってなっちゃいますね。 これはlibvirtのバージョンが上がって、XMLのフォーマットに変更が入っているのが原因みたいです。新しいXMLのフォーマットではdiskにdriver要素が指定できるようになっているんですが、指定されていない場合はrawフォーマットとして扱われてるみたいです。 XMLフォーマットの詳細は こちら なのでdriver要素を指定して上げれば問題なく起動します。でもdriver要素チマチマ追加するの面倒だなぁと思っていたら、virshから編集すると、自動的にdriver要素追加してくれてました(rawになってるけど) $ sudo virsh edit ドメイン名 で、rawになっている部分を、実際に使用しているフォーマットに変更して上げればOK。 というかvirshのeditって今回初めて使ったんですが、defineしなくていいので楽チンですね。 今まではXMLファイルを編集して、その後 virsh defineやってました。