スキップしてメイン コンテンツに移動

Thinkpad X200sに生Gentoo仕込む

えーっと、唐突ですが2011/6/1〜3でLinuxCon Japan 2011ってイベントが横浜で開催されます。
早期申し込みで50% offってのに釣られて2月に申込みをしちゃってるので、仕事でトラブルとか起きなければ5月末から横浜に乗り込む所存でございます。

で、LinuxConにお出かけするにあたって、重たいMacBookProを持っていくのもアレだなと思い、ThinkpadさんにGentoo仕込んで持って行こうかなと思い立った次第であります。

近頃はSSDの環境に慣れきってしまって、HDDなThinkpadさんだとストレス溜まって老化が促進されそうなので、健康のためにSSD用意しときました。
メディアの管理とか、プロプラなやけに容量の大きいアプリとか入れないので64GBでも十分足りるかと思ったけど、いざ容量が足りなくなると後悔するので奮発して128GBのm4 SSDでキメちゃいました。


前段が長くなってしまいましたが、早速仕込みに入ります。

インストールのメモ


大方の手順はクイックインストールマニュアルで。

実際には64bit環境にするので適宜対応しながら進めます。

パーティショニングとファイルシステム


第1のお悩みポイント、パーティショニングとファイルシステム。
メインのファイルシステムは明るい未来が待っているbtrfsで行こうと思います。
トラブらないように/bootは別パーティションでext3、あと、ノートPCなのでハイバネーションが遣りやすいように、スワップも別パーティションで切っておきます。(suspend to diskのfile writerでbtrfsに対応できるかちゃんと確認してないけど、なんとなく危なそうですよね?)

なのでパーティション構成はこんな感じ。
% fdisk -l /dev/sda

Disk /dev/sda: 128.0 GB, 128035676160 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 15566 cylinders, total 250069680 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x2b848245

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 2048 206847 102400 83 Linux
/dev/sda2 206848 16984063 8388608 82 Linux swap / Solaris
/dev/sda3 16984064 250069679 116542808 83 Linux


パーティション切ったらファイルシステムを作ります。
mkfs.ext3 /dev/sda1
mkfs.btrfs /dev/sda3
mkswap /dev/sda2

btrfsのサブボリュームを使ってみます。
mkdir /mnt/btrfs
mount /dev/sda3 /mnt/btrfs
btrfs subvolume create /mnt/btrfs/system
btrfs subvolume create /mnt/btrfs/home
btrfs subvolume create /mnt/btrfs/portage


インストール用にマウント
mount -o subvol=system,compress=lzo /dev/sda3 /mnt/gentoo
mkdir -p /mnt/gentoo/boot /mnt/gentoo/home /mnt/gentoo/usr/portage
mount /dev/sda1 /mnt/gentoo/boot
mount -o subvol=home,compress=lzo /dev/sda3 /mnt/gentoo/home
mount -o subvol=portage,compress=lzo /dev/sda3 /mnt/gentoo/usr/portage


amd64のstage3をダウンロードします。
cd /mnt/gentoo
wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Gentoo/releases/amd64/current-stage3/stage3-amd64-20110428.tar.bz2


あとはマニュアル通りに粛々と

あ、あとなんかマズいバグがあるっぽいんで、カーネルを2.6.38にしておく。
現時点ではstableに降りてきていないので
mkdir /etc/portage
echo "sys-kernel/gentoo-sources ~amd64" > /etc/portage/package.keywords
emerge -av gentoo-sources

こんな感じで。

fstabやgrubの設定はこんな感じになっています。

■fstab
/dev/sda1 /boot ext3 noauto,noatime 1 2
/dev/sda3 / btrfs subvol=system,compress=lzo,noatime 0 1
/dev/sda3 /home btrfs subvol=home,compress=lzo,noatime 0 1
/dev/sda3 /usr/portage btrfs subvol=portage,compress=lzo,noatime 0 1
/dev/sda3 /mnt/btrfs btrfs noatime 0 1
/dev/sda2 none swap sw 0 0
/dev/cdrom /mnt/cdrom auto noauto,ro 0 0
shm /dev/shm tmpfs nodev,nosuid 0 0


■menu.lst
default 0
timeout 10
splashimage=(hd0,0)/boot/grub/splash.xpm.gz

title Gentoo Linux
root (hd0,0)
kernel /boot/kernel-2.6.38-gentoo-r4 root=/dev/sda3 rootflags=subvol=system,compress=lzo vga=868


とりあえず最小限の状態で起動できることを確認。
これからチマチマと環境整えていきます。

でもその前に、Gentooのサイトでbaselayout2への移行がアナウンスされているので、これを先にやっつけないといけないです。

いやしかし、LinuxConってどんなイベントかよく知らないで申し込んだんだけど、日本で開催だけど公用語が英語とかって後から知って、かなり怖気付いていたりします (-_-;)

コメント

このブログの人気の投稿

電子マネーチャージ用のクレジットカード

MUFGカードでマイルをセコセコ貯めているのですが、昨年、 MUFGカードからの衝撃的なお知らせ をお伝えしたとおり、MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visaでの電子マネーチャージしてもマイルが貯められなくなって寂しい思いをしています。 マイルを1箇所にまとめてためたいところですが、コンビニでクレジットカード払いをするのもなんだな面倒な感じですし、そもそもおサイフケータイ大好きっ子なので、電子マネー使えるところでは、シャリーンとか、ピュリーンとかピピッ!とかワォンとか鳴かせたいわけです。 そこで仕方がないので、電子マネーチャージ用に別のクレジットカードを作ることにしました。1.2%のPontaポイントが貯まる リクルートカード です。 昨年まではリクルートポイントってのが貯まってたみたいですが、リクルートポイントがPontaポイントに統合されたみたいです。じゃらんとかホットペッパーとかよく使うので、リクルートポイントでもPontaポイントでもどちらでもいいのですが、Pontaポイントの方が購買情報などをより広くばらまかれるんでしょうね。 今なら最大6000ポイントもらえるらしいですが、内4000ポイントはカードで携帯電話の料金を払った場合なので、ちょっと煩わしいです。 カードの紹介に「電子マネーチャージでもポイント対象になります。」って書いているので大丈夫だと思うのですが、カードの発行元がMUFGカードなので、またそのうち衝撃的なお知らせが来ないか心配ではあります。 とはいえ、年会費無料で1.2%の還元率は魅力的なので、ひとまず電子マネーチャージ用に申し込んでみました :)

やっと格安SIMに引っ越しします

ケータイ乞食に冬の時代が訪れてしばらく経ちますが、やっとドコモ様の2年縛りの呪縛から開放されるので格安SIMに引っ越ししようと思います。 ケータイ乞食の春の時代はiPhone本体一括0年で、何故か数万円のキャッシュバックがもらえていたりしていました。その頃は多いときで3大キャリア合わせて10回線以上の契約があったりしていました。 冬が訪れて、徐々に整理していって今や4回線となりました。アプリ開発のテストとかも考えると4回線くらいはあった方がいいかなと思います。 (普段遣いのAndroid, iPhone用に2回線、テスト端末用に2回線) 格安SIMはたくさんの会社がいろいろ出していて、どのサービスにするかとても悩みます。私的にいろいろ悩んだ結果、DMMモバイル にすることに決めました。 DMMモバイル に決めた理由は ・複数SIMが使える ・10分間通話し放題のオプションがある ・ギガが割と安い ・DMM光 の割引がある あたりです。 当初はSNSフリーという月額250円でTwitterやFacebookなどの通信が無制限にできるオプションに惹かれていたのですが、口コミとか調べているとSNSフリーにするとかなり遅くなるみたいなので、SNSフリーは使わないでギガを多めにしようと思います。 家のインターネットにはドコモ光を使っているのですが、こちらもDMM光 に乗り換えます。 一旦ドコモ光を解約してからDMM光 の新規契約という流れになるみたいでちょっとめんどくさいですが、ドコモ光を使い続ける理由もないし、DMMモバイル とセットで使うと月500円割引があるので、インターネット代も少し安くできそうです。

MacBook Proのキーマップその2

KeyRemap4MacBookで快適日本語入力生活をおくっていますが、キーマップ変更といえば奥さん、あれですよね、あれ。ControlとCapsLockの入れ替えです。 Emacs使いなら必須ですね。僕はEmacs使いじゃありませんが、そのうちEmacs使いになりたいような、なりたくないようなそんな感じです。 CapsLockやControlキーのキーマップ変更は、KeyRemap4MacBookの拡張機能として提供されている PCKeyboardHack から簡単に設定できました。 Change Caps Lockにチェックを入れて、keycodeに59(Control L)を指定します。 すごい簡単。 でも、Macでターミナル使ってるとキーボードショートカットがCommandだったり、Controlだったりしてちょっと混乱します。 慣れるのが先か、設定いじるのが先か、どうしましょ。