スキップしてメイン コンテンツに移動

Google I/O 2012 - 中国上陸

Google I/Oに参加するので中国に上陸しました。
大分からサンフランシスコまで一番安上がりだったのが中国のANA的存在のAir Chinaでした。
大分から福岡空港まで電車で移動して、福岡空港から北京首都国際空港までのフライトとなります。

北京の宿は結局、この日まで予約していなくて、福岡までのソニック内で予約しました。
海外旅行は新婚旅行いらい9年ぶりで、単身では初めての試みですが、自分のテキトーさに少々驚きました ;-)

15:10発の飛行機だったので、機内食など出ないと思っていたら、日本食が出てきました。
お昼ご飯食べ損ねていたので、とてもありがたかったです。

 2時間くらいのフライトで、中国大陸が見えてきました。ビルの建設とか工事しまくっているからか、茶色いなぁという印象です。
町が見えてきました。
新しい建物と古い建物のコントラストが印象的です。
で、無事に着陸。
空港からは新しい建物しか見えなくて、なんだかハリボテみたいで異様な感じがしました。
機内では中国語と英語のアナウンスだけです。中国語はサッパリ、英語もカタコトなので、英語のアナウンスを気合いを入れて聞かないと、何をいっているのかサッパリ分かりません。



着陸後、入国手続きをする訳ですが、パスポートと入国カードだけ提出するだけで、質問とかは何もされませんでした。
で、いよいよ北京!と思ったら、北京じゃなくて大連でした(写真取り忘れた)
大連から北京へ国内線で移動するみたいです。
出発までに1時間くらいあるのですが、携帯も繋がらず、店も免税店くらいしかないので全く興味がわかず。
仕方が無いから、空港内をウロウロと散歩だけしました。

 空港内にケータイの充電コーナーがありました。命の次に大切なケータイなので、ここでフル充電しておこうと思ったら、通電してないのでございました・・・

空港内を5周くらいまわっていたら、ほどなく出発の時間になりました。中国国内線になるので、中国人の割合がグッと増した感じです。
そしてここでも機内食が提供されました。
味の方は・・・でしたが、ちらし寿司とうどんでは足りていなかったので美味しくいただきました。
で、またまた2時間くらいのフライトで、いよいよ北京に到着。大連の空港と違って、馬鹿でかかったです。
ターミナルまでバスで移動だったのですが、係のおばさんが、なにかワーワー騒いでいました。
今思えば、国内線利用者と国際線利用者で到着ターミナルが違うから、国内線の人はコッチに乗れ!って言ってたのかもしれない。

ネットがないと生きていけないので、中国のSIMでもゲットしようと思ったら閉まっていました。
 空港内に無料のWiFiサービスもあったのですが繋がらず。
 仕方がないので、ホテルまで移動することにしました。
ホテルの場所は、ケータイのGoogleマップに印をつけているので、大体の場所は分かります。
最寄り駅は三元橋で、電車代25元(300円くらい)とちょっとお高め。
空港の周りは何にもありません。
このとき、Googleマップで場所を確認していたら、駅からホテルまで直線距離で2kmくらいあることが判明。
まあ、1時間くらい歩けば大丈夫かなと思って、 三元橋駅で下車。

 降りると暗いぜ!
電車に乗っている時から、見えていたはずですが、歩いて移動しようとしていることを忘れていました。
この辺りは高速道路が走っていて、車の交通量はとても多いです。
歩道のど真ん中に、標識がたっていてあまり歩く人のことは考えていない感じ。









しばらくウロウロするものの、東西に走っている道路が見当たらなくて、仕方なく河川敷を歩くことに。
水面で泡がブクブクいっていて、とても臭い川でした。
ここで山賊見たいたのが現れたらやられちゃうんだろうなとか思いながら、東を目指します。
Googleマップのオフライン機能と、GPSで自分がいる位置と歩いている方向はおおよそ把握できたのですが、どうもGPSの位置がずれているらしく、歩いている景色と地図が全くあっていなかったりして、余計にウロウロしてしまいましたが、なんとか宿にたどり着きました。
フロントでは女性の従業員の人が、英語ができたので特に問題なくチェックインできました。
最近は日本でもゲストハウスとか、安宿ばかり泊まっているのですが、ここでももちろん安宿です。
蜂の巣をモチーフにしたカプセルホテルみたいな感じでした。


木製で暖かみがあって、日本のカプセルホテルよりスペースもゆったりしていて、とても快適でした。
が、場所がイマイチだったので、次の利用はないかなぁ・・・。
シャワーを浴びて、巣に戻ると外では激しい雨と雷が鳴り始めました。
サンフランシスコのことしか考えていなかったので、雨が降ることはまったく想定していなかったので、危なかったです。
電源コンセントの形状は7種類あるそうなのですが、中国国内では7種類のコンセントが使われているそうです。

巣の中に電源コンセントもあったのですが、マルチな感じになっていました。

中国スゲーーーーと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

M1 Macbookの仮想化環境 Parallels DesktopでWindows10

 CPUアーキテクチャの変更でもっとも影響を受けるところからいきなりぶっこんでみようと思います。 十数年前にPowerPCアーキテクチャからIntelアーキテクチャへの変更で、ユーザとしてもっとも恩恵を受けられたのがBootCampやParallelsなどの仮想マシン環境を使って、Windowsが使えるところが大きかったりします。 開発作業などはMacだけで行えたとしても、動作確認を行うためにWindowsの環境が必要になったり、Mac版のMS Officeでは印刷がズレてしまったり、Windows版のソフトしか提供されていなかったりなど、手元でWindowsが動いてくれたほうが嬉しい人も多いと思います。 IntelアーキテクチャからARMアーキテクチャの変更によって、一般的に広く使われているIntelアーキテクチャ向けのWindowsは動かなくなっています。 ですがMicrosoftはWindows8の頃から、ARM向けのWindowsをハードウェアベンダ向けには提供していて、これが一般に向け提供されるのかみなさん興味津々な状態です。 一般向けに提供されている訳ではないですが、Microsoftのベータテスト的なプログラム Insider ProgramでWindows 10が配布されており、これを試しに動かすことができるようです。 Windows Insider Program Macの仮想化環境としてはParallels、VMWare Fusion、VirtualBoxなどが使われていると思いますが、私はParallelsを愛用しています。 Parallels DesktopのM1対応のテクニカルプレビュー版 が公開されているので、これを使ってARM版Windows 10を動かしてみます。 早速Parallels Desktopのテクニカルプレビュー版をダウンロードしてみます。ダウンロードした時のバージョンは16.3.0-50385 となっていました。 インストール後に、こんなダイアログが表示されます。Intelベースの既存のVMを動かすことはできないし、新しくIntelベースのVMを作ることはできない的なことを書いていそう。 続いてWindows 10のイメージのダウンロードを行いますが、サイズが7.6GBもあるのでかなり時間がかかります。ビルド番号は202

MacからWindowsの名前解決をする

Windowsな環境だと、NetBIOSでコンピュータ名で名前解決ができたりしてとても便利です。そんなこともあって、一時期はLinuxサーバに用がなくてもSambaをインストールしたりしていた時代もありました。 ですがMacからはNetBIOS名で名前解決してくれません。Windowsとのファイル共有にはSambaが使われているので、NetBIOSで名前解決しようと思えば簡単にできるはずですが、色々あるんでしょうね。きっと。 実際のところ、ファイル共有だけであればWindowsでもLinux上のSambaでも問題なくできるんですが、pingを打ちたい時や、pingを打ちたい時、ほかhttpとかデータベースに繋げたい時とかに困るんです。pingを打ちたい時の方が多いですが。 とりあえず手動でなら、NetBIOS名からIPアドレスは引けたりします。おもむろにターミナルを開いて $ smbutil lookup ホスト名 とすれば、IPアドレスが引けます。 ので、このIPアドレスを指定してping打ったり、他色々できますが、面倒でやってられませんね。 じゃあMacでNetBIOSのようなものってないのかというと、ちゃんとあって、mDNSという仕組みが使われています。 mDNSの詳しいことは後日調べるとして、LinuxならavahiをWindowsならBonjourをインストールして、ホスト名.localで名前解決ができるようになります。 他、DHCPサーバとDNSサーバを連動されてあげれば、ソフトを追加でインストールしなくて済むのでスマートに仕上がりますが、最近は面倒なのでDHCPサーバはブロードバンドルータに任せっきりなのでありました。 Bonjour for Windowsのダウンロードがイマイチ良く分からないことになっています。 とりあえず Bonjour Print Services for Windows をダウンロードすれば大丈夫そう。

DebianをSqueezeに上げたらKVMの仮想マシンが起動しなくなった

先日、無事にサーバのDebianをSqueezeにアップグレードした訳ですが、KVMの仮想マシンが起動しなくなっていたのをメモしとくの忘れていました。 実際のところ、KVMの仮想マシンが起動しなくなるという訳ではなくて、libvirtを使っていて、且つ、仮想HDDをrawフォーマット以外(qcow2とか)を使っている場合に Starting SeaBIOS (version 0.5.1-20101112_103537-polaris) Booting from Hard Disk... Boot failed: not a bootable disk No bootable device. なんて可愛らしメッセージが表示されちゃいます。 あまりの可愛らしさに胸がズキューンってなっちゃいますね。 これはlibvirtのバージョンが上がって、XMLのフォーマットに変更が入っているのが原因みたいです。新しいXMLのフォーマットではdiskにdriver要素が指定できるようになっているんですが、指定されていない場合はrawフォーマットとして扱われてるみたいです。 XMLフォーマットの詳細は こちら なのでdriver要素を指定して上げれば問題なく起動します。でもdriver要素チマチマ追加するの面倒だなぁと思っていたら、virshから編集すると、自動的にdriver要素追加してくれてました(rawになってるけど) $ sudo virsh edit ドメイン名 で、rawになっている部分を、実際に使用しているフォーマットに変更して上げればOK。 というかvirshのeditって今回初めて使ったんですが、defineしなくていいので楽チンですね。 今まではXMLファイルを編集して、その後 virsh defineやってました。