スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

SteamがLinuxに正式対応したのでGentooに仕込んでみた

パソコン用のゲームプラットフォームのSTEAMがLinuxに正式対応したみたいです。 Linuxに正式対応といってもUbuntu用のdebファイルが提供されているだけなので、Ubuntuに正式対応って感じですけどね。 Linux対応を記念して、今日の夜中(22日の午前3時)までセールをしてるみたいです。 サイト上は21日午前10時って書いてますがタイムゾーンがPSTになってます。日本語訳するついでにJSTにしてくれたらいいのになぁ・・・ http://store.steampowered.com/sale/linux_release/ で、さっそくGentooに入れて見ました。 ベータ版の時からWikiが整理されていて、overlayを作っている人もいるみたいで何も困りません。 http://wiki.gentoo.org/wiki/Steam overlayを使ってお手軽にインストールしてみました。 sudo layman -a stream sudo emerge stream-meta SteamでFlashを使っていて、amd64の場合は32bit版のFlashをインストールしておいたほうがいいみたい。 sudo flaggie adobe-flash +32bit sudo emerge -1 adobe-flash あとはホームディレクトリの~/.local/share/Streamにファイルが色々作られるみたいなので、ここにflashライブラリを置いて上げます。 mkdir ~/.local/share/Steam/plugins ln -s /opt/Adobe/flash-player32/libflashplayer.so ~/.local/share/Steam/ubuntu12_32/plugins/ とりあえずセール中のゲーム買ってみたけど、データサイズでかくてまだダウンロードが終わりません。

なにこれヒドイ

小学生のころから、夏休みの絵日記をまともに書いたことがないのですか、久しぶりに自分のブログ見てみたら、最後の更新が8ヶ月前で、しかもGoogle IO旅行日記書きかけで、中国どまりてアメリカにすらたどり着いていなかった… もう少し何とかしようと思った次第です。 みなさん、明けましておめでとうございます :)