スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2015の投稿を表示しています

日産リーフのモニター

ちょうど1年前くらい車検を前に、車買い替えるか、車なし生活にしちゃうか悩んでいたのですが、結局車検を通して今に至ります。 それから1年、ずっと悩み続けているのですが、Webをぐるぐるしてる時に 日産リーフモニターキャンペーン というのが目にとまって申し込んでみました。 で、無料で1週間ほど借りてみました。 借りている間に、国東半島の海岸線を経由して、中津のからあげ食べに行ったり、佐賀関の方に行ったりしてみました。 今の車がマフラー変わってるターボ付きボクサーエンジンなので、走ってる時の音や振動は雲泥の差がありました。 で感想 静か ハンドリング素直 エコモード切ったら結構早い 航続距離がちょっと厳しい CMでやってた加速競争みたいなのは眉唾 燃料代安そう 充電スポット結構充実してる  お高い  見た目がマーチのオニイサンっぽい フルモデルチェンジの時期が気になる 充電できる場所は思ってた以上に充実していて、十分実用的かなと思いました。  一番気になるのは航続距離ですね。実走行で160km前後くらいは走りそうでした。 つい先日、マイナーチェンジでバッテリー容量が増えたモデルが出たので、200kmくらいは走るようになるかもです。 今の生活スタイルだと、車を使うのは週末メインで、平日はたまに使うくらいです。 週末使う時は、近場で買い物か遠くへドライブのどちらかが多いのですが、遠くへドライブに行く時には航続距離が気になります。 燃料代も安くなりそうですが、ほとんど週末しか使っていないので、月に1回給油するかどうかって感じで、1年間で10万円も使っていないので、それほどランニングコストの削減にもならなそう。 多分、今のリーフにとっては一番合わない生活スタイルな気がしました。 ということで、リーフへの乗り換えはないなという結論に。 でも、電気自動車の静寂性とか、運動性能とかはとても素敵でした。 フルモデルチェンジして、見た目がかっこよくなって、航続距離400kmくらいになったら再度検討してみたいと思います。 毎日通勤で使っていたりとかで、月数万円も燃料代に使っている人は、検討の余地ありだと思いますよ。

MUFGカードから衝撃的なお知らせ来てた

みなさんマイル貯めてますか? 僕はマイルとかポイント大好物です :) 普段使いのクレジットカードは MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa というのを使っています。年会費が15,000円(税別)と少々お高いのですが、リボ払いにすることで100円につきユナイテッド航空のマイルが2マイル貯まります。海外利用だとさらに1.5倍の3マイル貯まります。 ユナイテッド航空はアメリカの航空会社ですが、国内線だとANAの飛行機に乗れたりします。 国内線だと片道5,000マイルで飛べるので、往復で10,000マイル。 海外利用で34万円使うと、国内線往復できちゃいますね。 国内利用でも50万円使うと、国内線往復できちゃいます。 買い物する時は端数が出るので、上記金額よりもう少し使わないといけないですが、ネットショッピングの時に、 Mileage Plus Mall ってサイトを経由すればさらにマイルが貯まるので、上記金額より少なくてマイルが貯まるかも。 国内線で使うのもいいですが、海外線で使うのも素敵ですね。 今年のGoogle I/OはMileage Plusのマイルを使ってサンフランシスコに行ってきました。 大分から成田に直行便がなく、羽田 -> 成田の交通費を抑えるためにこんな感じの航路をたどりました。 大分空港 -> セントレア空港 -> 成田空港 -> ホノルル空港 -> サンフランシスコ空港 -> 関西国際空港 ->(電車移動) 伊丹空港 -> 大分空港 無駄に飛んでます :D マイルを使うと途中降機も料金変わらずできたりするので、1泊だけハワイに寄ってみたりしました。 関空から伊丹空港は電車移動ですが、ちょっと大阪の用事もあったので大阪市内で1泊してます。 これで80,000マイル + 2万円くらいで飛べてしまいました。 と、とても素敵なMileagePlus MUFGカード。これまでEdyやnanacoなどの電子マネーへのチャージでもマイルを貯められて、最強だったのですが、先日衝撃的なメールが届いていました。 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━ ┃ ┃◆ MUFGカード ◆ ┃ Mile

DropboxとかGoogleドライブにやられた話

先週1週間、お休みをいただいてニュージーランドに旅行に行ってきました :) 空港についたら早速、SIMカードをゲットするためにウロウロしてみると、vodafoneと sprint Sparkのカウンターがありました。 (訂正 : sprintじゃなくてSparkでした) とりあえず手前にあったvodafonでトラベラーSIMというのをもらって、$50(NZD)のプリペイドプランを契約しました。日本を含む国際電話200分と3GBのデータ通信付きです。 これをNexus5にセットアップしてもらいました。言語設定が日本語のまま店員さんに渡してしまったのですが、Nexusのお客さんよく来るからアイコン見たらセットアップできるって言ってました。 3GBあれば1週間の旅行中は余裕だと思っていたのですが、ホテルでテザリング機能を使ってMacbookを使ってたら、通信ができなくなってしまい、Nexus5の画面みたらデータ通信の残りが100MBです的な通知が表示されてました・・・ GmailとFacebookくらいしか使ってないのになんで!?って思ったら、Macbookの画面の上の方でアイコンがチカチカしてました・・・。Googleドライブのファイル同期に失敗しましたって・・・これだ!!! 普段は15インチのMacbook Proを使ってるのですが、旅行中持ち歩くには重たすぎるので、半年ぶりくらいにMacbook airを出動させていました。 家でOSのアップデートはかけておいたのですが、DropboxやGoogleドライブの同期が終わっていなかったみたいです。 みなさん、旅行に行くときはDropboxやGoogleドライブの同期を無効にしておくことをおすすめします。というか、旅行にノートパソコン持って行くなって話か(^_^;)

MFクラウド給与のβ版公開

この間の、はじめての確定申告で、個人の分はMFクラウド確定申告を使い続けてみようと思ったわけです。 会社の方もMFクラウドにできたらいいなぁと思っていたのですが、給与計算の機能とかがなくてちょっと躊躇していました。 3月下旬にMFクラウド給与がリリースされるという記事をみて楽しみにしていたのですが、今日、MFクラウド給与のβ版が公開されたみたいです。 https://payroll.moneyforward.com/ 給与計算でβ版ってちょっと怖い気もしますが、試しに使ってみようと思います :)

はじめての確定申告完了

人生ではじめての確定申告が完了しました。 当初はMFクラウド確定申告とfreee、やよいの青色申告オンラインを比較して、どれを使うか決めようと思ったのですが、なかなか時間がとれませんでした。 最終的にMFクラウド確定申告を使ってみました。決めては無料で使えるってところも大きいのですが、freeeって記帳の仕方が複式簿記っぽくなくて、よくわからない。諸口で登録したい時とか、どうしていいのかサッパリ分からんとです。 MFクラウドは記帳する時に「簡単モード」と「詳細モード」ってのが選べるのですが、「簡単モード」はfreeeと同じように、よくわからない。「詳細モード」にすると、いい感じです。 複式簿記をしてた人は、freeeはダメなんじゃないかと思いました。freeeにも詳細モードみたいなのができるといいんですが。 個人事業の分はMFクラウド確定申告 ということで、個人事業の分はMFクラウドを使ってみようと思います。 MFクラウド確定申告は月毎の記帳が15件までだったら、無料で使うことができます。 今のところ個人事業の分は、月数件で済んじゃうので、当分は無料で使わせていただきます。 ありがとう、MFクラウド確定申告 会社の方も乗り換えたいが・・・ 今回MFクラウドとfreeeを使ってみて、銀行口座の明細やクレジットカード利用明細が取り込めるのにとても魅力を感じました。 会社の会計ソフトもMFクラウドに乗り換えよう!って思ったのですが、MFクラウドって給与計算できないんですね。 こちらの記事「 マネーフォワードが15億円調達、事業パートナー出資で着々と足場拡大へ 」によると今月の下旬には MFクラウド給与 が投入されるそうなので期待してます。 freeeの方は給与計算も提供されているのですが、freeeの記帳に慣れるのも大変なので、もう少し様子をみようと思います。

はじめての確定申告その2

さて、確定申告もはじまり、そろそろ本格的に取り掛からないといけないですが、なかなか重たい腰があがりません ^-^; 個人事業の分は、記帳する件数も月数件程度とかなり少ないので、MFの無料版で済みそうかなと思いつつ、Webで確定申告ネタを眺めていたら 会計ソフトでは昔から有名な「弥生」のクラウド版も提供されてることを知りました。 しかも、今なら1年間無料なんですって! 次年度からは年間12,960円かかるみたいです。 時間があれば弥生の青色申告オンラインも試してみようと思います。

はじめての確定申告

早いもので1月もそろそろ終わってしまいます。 2月になると世間では確定申告とかいう言葉が飛び交うようになりますね。 これまでは給与所得がほとんどだったので確定申告の必要はなかったのですが、会社の仕事以外にもやることが増えてきたので去年の夏頃に個人事業の開業届を出して、青色申告することにしました。 夏には会社の決算処理もしないといけないので、事務仕事が増えて泣きそうになりますが、ソフトウェアの力を借りて乗り切ろうと思います。 そう、巷で話題のクラウド会計ソフトを使ってみようと思います。 有名どころだと マネーフォワードのMFクラウド会計 と freee ですかね。 どちらも無料でアカウント作れるみたいなので、両方触ってみようと思います。 使う前の印象としてはマネーフォワードの方がいいかなぁという感じ マネーフォワードのMFクラウド確定申告だと、月間仕訳件数が15件に制限されるけど、15件以内だったら無料で仕え続けられそうです。一方、freeeの方は仕訳件数に制限はなさそうですが、データ保存期間が1ヶ月しかありません。せっかく入力したデータが1ヶ月後には消えてしまうってこと? これだとfreeeは無料で使い続けられそうにないので、すぐに有料プランを契約しないといけないです。 個人事業主向けの有料プランがマネーフォワードが800円、freeeが980円でマネーフォワードの方が安いですね。 ということで、試しに触ってみてマネーフォワードよりfreeeの方が圧倒的にいいサービスじゃないと、マネーフォワードにしてしまいそうです :) マネーフォワードの方は、家計簿用と個人事業主用と企業用とでサービスがいくつかあるみたいですね。個人で確定申告する時は、「マネーフォワード」じゃなくて「MFクラウド確定申告」を使えばばいいのかな? こっちの マネーフォワード は家計簿用ですね。