スキップしてメイン コンテンツに移動

やっと格安SIMに引っ越しします


ケータイ乞食に冬の時代が訪れてしばらく経ちますが、やっとドコモ様の2年縛りの呪縛から開放されるので格安SIMに引っ越ししようと思います。
ケータイ乞食の春の時代はiPhone本体一括0年で、何故か数万円のキャッシュバックがもらえていたりしていました。その頃は多いときで3大キャリア合わせて10回線以上の契約があったりしていました。
冬が訪れて、徐々に整理していって今や4回線となりました。アプリ開発のテストとかも考えると4回線くらいはあった方がいいかなと思います。
(普段遣いのAndroid, iPhone用に2回線、テスト端末用に2回線)
格安SIMはたくさんの会社がいろいろ出していて、どのサービスにするかとても悩みます。私的にいろいろ悩んだ結果、DMMモバイル にすることに決めました。
DMMモバイル に決めた理由は
・複数SIMが使える
・10分間通話し放題のオプションがある
・ギガが割と安い
・DMM光 の割引がある
あたりです。
当初はSNSフリーという月額250円でTwitterやFacebookなどの通信が無制限にできるオプションに惹かれていたのですが、口コミとか調べているとSNSフリーにするとかなり遅くなるみたいなので、SNSフリーは使わないでギガを多めにしようと思います。
家のインターネットにはドコモ光を使っているのですが、こちらもDMM光 に乗り換えます。
一旦ドコモ光を解約してからDMM光 の新規契約という流れになるみたいでちょっとめんどくさいですが、ドコモ光を使い続ける理由もないし、DMMモバイル とセットで使うと月500円割引があるので、インターネット代も少し安くできそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

M1 Macbookの仮想化環境 Parallels DesktopでWindows10

 CPUアーキテクチャの変更でもっとも影響を受けるところからいきなりぶっこんでみようと思います。 十数年前にPowerPCアーキテクチャからIntelアーキテクチャへの変更で、ユーザとしてもっとも恩恵を受けられたのがBootCampやParallelsなどの仮想マシン環境を使って、Windowsが使えるところが大きかったりします。 開発作業などはMacだけで行えたとしても、動作確認を行うためにWindowsの環境が必要になったり、Mac版のMS Officeでは印刷がズレてしまったり、Windows版のソフトしか提供されていなかったりなど、手元でWindowsが動いてくれたほうが嬉しい人も多いと思います。 IntelアーキテクチャからARMアーキテクチャの変更によって、一般的に広く使われているIntelアーキテクチャ向けのWindowsは動かなくなっています。 ですがMicrosoftはWindows8の頃から、ARM向けのWindowsをハードウェアベンダ向けには提供していて、これが一般に向け提供されるのかみなさん興味津々な状態です。 一般向けに提供されている訳ではないですが、Microsoftのベータテスト的なプログラム Insider ProgramでWindows 10が配布されており、これを試しに動かすことができるようです。 Windows Insider Program Macの仮想化環境としてはParallels、VMWare Fusion、VirtualBoxなどが使われていると思いますが、私はParallelsを愛用しています。 Parallels DesktopのM1対応のテクニカルプレビュー版 が公開されているので、これを使ってARM版Windows 10を動かしてみます。 早速Parallels Desktopのテクニカルプレビュー版をダウンロードしてみます。ダウンロードした時のバージョンは16.3.0-50385 となっていました。 インストール後に、こんなダイアログが表示されます。Intelベースの既存のVMを動かすことはできないし、新しくIntelベースのVMを作ることはできない的なことを書いていそう。 続いてWindows 10のイメージのダウンロードを行いますが、サイズが7.6GBもあるのでかなり時間がかかります。ビルド番号は202

MacからWindowsの名前解決をする

Windowsな環境だと、NetBIOSでコンピュータ名で名前解決ができたりしてとても便利です。そんなこともあって、一時期はLinuxサーバに用がなくてもSambaをインストールしたりしていた時代もありました。 ですがMacからはNetBIOS名で名前解決してくれません。Windowsとのファイル共有にはSambaが使われているので、NetBIOSで名前解決しようと思えば簡単にできるはずですが、色々あるんでしょうね。きっと。 実際のところ、ファイル共有だけであればWindowsでもLinux上のSambaでも問題なくできるんですが、pingを打ちたい時や、pingを打ちたい時、ほかhttpとかデータベースに繋げたい時とかに困るんです。pingを打ちたい時の方が多いですが。 とりあえず手動でなら、NetBIOS名からIPアドレスは引けたりします。おもむろにターミナルを開いて $ smbutil lookup ホスト名 とすれば、IPアドレスが引けます。 ので、このIPアドレスを指定してping打ったり、他色々できますが、面倒でやってられませんね。 じゃあMacでNetBIOSのようなものってないのかというと、ちゃんとあって、mDNSという仕組みが使われています。 mDNSの詳しいことは後日調べるとして、LinuxならavahiをWindowsならBonjourをインストールして、ホスト名.localで名前解決ができるようになります。 他、DHCPサーバとDNSサーバを連動されてあげれば、ソフトを追加でインストールしなくて済むのでスマートに仕上がりますが、最近は面倒なのでDHCPサーバはブロードバンドルータに任せっきりなのでありました。 Bonjour for Windowsのダウンロードがイマイチ良く分からないことになっています。 とりあえず Bonjour Print Services for Windows をダウンロードすれば大丈夫そう。

DebianをSqueezeに上げたらKVMの仮想マシンが起動しなくなった

先日、無事にサーバのDebianをSqueezeにアップグレードした訳ですが、KVMの仮想マシンが起動しなくなっていたのをメモしとくの忘れていました。 実際のところ、KVMの仮想マシンが起動しなくなるという訳ではなくて、libvirtを使っていて、且つ、仮想HDDをrawフォーマット以外(qcow2とか)を使っている場合に Starting SeaBIOS (version 0.5.1-20101112_103537-polaris) Booting from Hard Disk... Boot failed: not a bootable disk No bootable device. なんて可愛らしメッセージが表示されちゃいます。 あまりの可愛らしさに胸がズキューンってなっちゃいますね。 これはlibvirtのバージョンが上がって、XMLのフォーマットに変更が入っているのが原因みたいです。新しいXMLのフォーマットではdiskにdriver要素が指定できるようになっているんですが、指定されていない場合はrawフォーマットとして扱われてるみたいです。 XMLフォーマットの詳細は こちら なのでdriver要素を指定して上げれば問題なく起動します。でもdriver要素チマチマ追加するの面倒だなぁと思っていたら、virshから編集すると、自動的にdriver要素追加してくれてました(rawになってるけど) $ sudo virsh edit ドメイン名 で、rawになっている部分を、実際に使用しているフォーマットに変更して上げればOK。 というかvirshのeditって今回初めて使ったんですが、defineしなくていいので楽チンですね。 今まではXMLファイルを編集して、その後 virsh defineやってました。