スキップしてメイン コンテンツに移動

OneMix 3 Pro がやってきた

待ちに待ってたメインのサブノート有力候補 OneMix 3 Proが届きました。


日本代理店からの販売はもう少し先ですが、日本向け製品はキーボードが日本語キーボードだけみたいなので、GeekBuyingで初めて購入してみました。

製品の細かい仕様などは他のレビュー記事に譲るとして、とりあえず簡単なファーストインプレッションを。

よかったところ

性能

このサイズでこのスペックは文句なしです。4コア8スレッド メモリ16GB SSD 512GB  一昔前のMacbook Pro 13' と変わらないかむしろ性能高いです。
AndroidStudioでのアプリ開発も全然いけそうな感じです。

キーボード

キーボードの打鍵感が想像以上に良かったです。よく使うキーのキーピッチもとても大きくてサクサク打てる感じです。
キーボードを打っていて本体がフニャフニャするような感じもなくしっかりどっしりしています。

指紋認証

MacbookProでもPixcel3でも指紋認証使っていますが、やっぱりあるととても便利。これは外せないですね。

イマイチなところ

キーボード

打鍵感、キーピッチはいいのですが想像以上に変則変態配列でした。とくにプログラミングでよく使う記号がとても打ちにくい感じ。
個人的にはキーピッチ狭くていいから、普通のキー配列だったらよかったなと思う。

あとはハイフン?マイナス?の位置。文書を書く時もカタカナでーをよく使うけど凄い打ちにくい。かなり慣れないとタッチタイプできなさそうな感じ。

カメラ

が付いていない、
買って使うまで全く気が付いていませんでした。ノートパソコンにはカメラが付いているものと思い込んでしまっていました。
オンラインミーティングするときにカメラが付いていないのはかなりマイナスポイント


まあまあかな

タッチパネル&スタイラスペン

サブノートを探す旅のそもそものきっかけが軽くてペンが使えるデバイスが欲しいってところでした。タッチパネルの精度は問題ないです。ペンの使い心地は悪くはないけど、ワンテンポ遅れる感じです。Surface Goと比べると書くときにだいぶ違和感がある感じです。

ポインティングデバイス

こういった感じの光学式ポインティングデバイスは初めて触りました。遠いところにも割とササっと移動できていい感じですが、細かい位置を指定するのはちょっと難しいですね。
あとFnキーを押しながらでスクロールの動作もできるんだけど、スクロールさせるときの操作がめっちゃ繊細。ずっと使っていると腱鞘炎になりそうな感じもするので、タッチパネルと組み合わせてあまり使いすぎないようにしようと思います。

まとめ

ありだと思います。
ですがこのCPUでSurface Go 2が出てたら、速攻で乗り換えるかな。
マイクロソフトさんこのCPUでSurface Go 2出してくれないかなぁ。バカ売れだと思うよ。

コメント

このブログの人気の投稿

M1 Macbookの仮想化環境 Parallels DesktopでWindows10

 CPUアーキテクチャの変更でもっとも影響を受けるところからいきなりぶっこんでみようと思います。 十数年前にPowerPCアーキテクチャからIntelアーキテクチャへの変更で、ユーザとしてもっとも恩恵を受けられたのがBootCampやParallelsなどの仮想マシン環境を使って、Windowsが使えるところが大きかったりします。 開発作業などはMacだけで行えたとしても、動作確認を行うためにWindowsの環境が必要になったり、Mac版のMS Officeでは印刷がズレてしまったり、Windows版のソフトしか提供されていなかったりなど、手元でWindowsが動いてくれたほうが嬉しい人も多いと思います。 IntelアーキテクチャからARMアーキテクチャの変更によって、一般的に広く使われているIntelアーキテクチャ向けのWindowsは動かなくなっています。 ですがMicrosoftはWindows8の頃から、ARM向けのWindowsをハードウェアベンダ向けには提供していて、これが一般に向け提供されるのかみなさん興味津々な状態です。 一般向けに提供されている訳ではないですが、Microsoftのベータテスト的なプログラム Insider ProgramでWindows 10が配布されており、これを試しに動かすことができるようです。 Windows Insider Program Macの仮想化環境としてはParallels、VMWare Fusion、VirtualBoxなどが使われていると思いますが、私はParallelsを愛用しています。 Parallels DesktopのM1対応のテクニカルプレビュー版 が公開されているので、これを使ってARM版Windows 10を動かしてみます。 早速Parallels Desktopのテクニカルプレビュー版をダウンロードしてみます。ダウンロードした時のバージョンは16.3.0-50385 となっていました。 インストール後に、こんなダイアログが表示されます。Intelベースの既存のVMを動かすことはできないし、新しくIntelベースのVMを作ることはできない的なことを書いていそう。 続いてWindows 10のイメージのダウンロードを行いますが、サイズが7.6GBもあるのでかなり時間がかかります。ビルド番号は202

MacからWindowsの名前解決をする

Windowsな環境だと、NetBIOSでコンピュータ名で名前解決ができたりしてとても便利です。そんなこともあって、一時期はLinuxサーバに用がなくてもSambaをインストールしたりしていた時代もありました。 ですがMacからはNetBIOS名で名前解決してくれません。Windowsとのファイル共有にはSambaが使われているので、NetBIOSで名前解決しようと思えば簡単にできるはずですが、色々あるんでしょうね。きっと。 実際のところ、ファイル共有だけであればWindowsでもLinux上のSambaでも問題なくできるんですが、pingを打ちたい時や、pingを打ちたい時、ほかhttpとかデータベースに繋げたい時とかに困るんです。pingを打ちたい時の方が多いですが。 とりあえず手動でなら、NetBIOS名からIPアドレスは引けたりします。おもむろにターミナルを開いて $ smbutil lookup ホスト名 とすれば、IPアドレスが引けます。 ので、このIPアドレスを指定してping打ったり、他色々できますが、面倒でやってられませんね。 じゃあMacでNetBIOSのようなものってないのかというと、ちゃんとあって、mDNSという仕組みが使われています。 mDNSの詳しいことは後日調べるとして、LinuxならavahiをWindowsならBonjourをインストールして、ホスト名.localで名前解決ができるようになります。 他、DHCPサーバとDNSサーバを連動されてあげれば、ソフトを追加でインストールしなくて済むのでスマートに仕上がりますが、最近は面倒なのでDHCPサーバはブロードバンドルータに任せっきりなのでありました。 Bonjour for Windowsのダウンロードがイマイチ良く分からないことになっています。 とりあえず Bonjour Print Services for Windows をダウンロードすれば大丈夫そう。

DebianをSqueezeに上げたらKVMの仮想マシンが起動しなくなった

先日、無事にサーバのDebianをSqueezeにアップグレードした訳ですが、KVMの仮想マシンが起動しなくなっていたのをメモしとくの忘れていました。 実際のところ、KVMの仮想マシンが起動しなくなるという訳ではなくて、libvirtを使っていて、且つ、仮想HDDをrawフォーマット以外(qcow2とか)を使っている場合に Starting SeaBIOS (version 0.5.1-20101112_103537-polaris) Booting from Hard Disk... Boot failed: not a bootable disk No bootable device. なんて可愛らしメッセージが表示されちゃいます。 あまりの可愛らしさに胸がズキューンってなっちゃいますね。 これはlibvirtのバージョンが上がって、XMLのフォーマットに変更が入っているのが原因みたいです。新しいXMLのフォーマットではdiskにdriver要素が指定できるようになっているんですが、指定されていない場合はrawフォーマットとして扱われてるみたいです。 XMLフォーマットの詳細は こちら なのでdriver要素を指定して上げれば問題なく起動します。でもdriver要素チマチマ追加するの面倒だなぁと思っていたら、virshから編集すると、自動的にdriver要素追加してくれてました(rawになってるけど) $ sudo virsh edit ドメイン名 で、rawになっている部分を、実際に使用しているフォーマットに変更して上げればOK。 というかvirshのeditって今回初めて使ったんですが、defineしなくていいので楽チンですね。 今まではXMLファイルを編集して、その後 virsh defineやってました。