スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2020の投稿を表示しています

M1 Macbookの仮想化環境 Parallels DesktopでWindows10

 CPUアーキテクチャの変更でもっとも影響を受けるところからいきなりぶっこんでみようと思います。 十数年前にPowerPCアーキテクチャからIntelアーキテクチャへの変更で、ユーザとしてもっとも恩恵を受けられたのがBootCampやParallelsなどの仮想マシン環境を使って、Windowsが使えるところが大きかったりします。 開発作業などはMacだけで行えたとしても、動作確認を行うためにWindowsの環境が必要になったり、Mac版のMS Officeでは印刷がズレてしまったり、Windows版のソフトしか提供されていなかったりなど、手元でWindowsが動いてくれたほうが嬉しい人も多いと思います。 IntelアーキテクチャからARMアーキテクチャの変更によって、一般的に広く使われているIntelアーキテクチャ向けのWindowsは動かなくなっています。 ですがMicrosoftはWindows8の頃から、ARM向けのWindowsをハードウェアベンダ向けには提供していて、これが一般に向け提供されるのかみなさん興味津々な状態です。 一般向けに提供されている訳ではないですが、Microsoftのベータテスト的なプログラム Insider ProgramでWindows 10が配布されており、これを試しに動かすことができるようです。 Windows Insider Program Macの仮想化環境としてはParallels、VMWare Fusion、VirtualBoxなどが使われていると思いますが、私はParallelsを愛用しています。 Parallels DesktopのM1対応のテクニカルプレビュー版 が公開されているので、これを使ってARM版Windows 10を動かしてみます。 早速Parallels Desktopのテクニカルプレビュー版をダウンロードしてみます。ダウンロードした時のバージョンは16.3.0-50385 となっていました。 インストール後に、こんなダイアログが表示されます。Intelベースの既存のVMを動かすことはできないし、新しくIntelベースのVMを作ることはできない的なことを書いていそう。 続いてWindows 10のイメージのダウンロードを行いますが、サイズが7.6GBもあるのでかなり時間がかかります。ビルド番号は202

M1 Macbookの環境構築

 Apple信者のみなさん、お元気ですか? 登場前はどうなるのか色々と心配していたAppli Silicon搭載のMacですが、登場してから各所で絶賛の声が上がっています。 私も最初は、Macbook Airの最小スペックを試しに買って様子を見ようとしていたのですが、評判いいので本格的に移行してみようと思い、Airは返品してMacbook Proの中盛り仕様(メモリ16GB SSD 2TB)を手に入れました! Macbookの買い替え時は、TimeMachineを使った移行作業を行って旧マシンからデータやアプリの移行を行えて便利なのですが、移行をずっと行っていると秘伝のタレ的な感じで、いろいろコクが出過ぎちゃう感じがするのでCPUアーキテクチャが全く別の物になった今回は、クリーンな状態から環境を整えて行こうかと思います。 ということで、しばらくは環境構築のメモのチラ裏が続く予定です。