Posted on

by

in

,

FuelPHPはじめてみます

PHPご指名で、RESTfulな機能を作ることになったので、調べてみたらFuelPHPが良さそうな気がしたのでちょっと試してみます。

インストールしようと思ったら、fuelphpのサイトに繋がらないでやんす。

いくなり心が折れそうになったのですが、日本語ドキュメントサイトがあるじゃないですか!
日本語ドキュメントの「インストール方法」http://fuelphp.jp/docs/1.7/installation/instructions.html
を読んでみるとGitHubで提供されていることが判明。
gitクローンでインストールできました。
とりあえずの開発環境は、Mac OSに最初から入っているApacheを使っています。
Apacheのユーザディレクトリを有効にしています。
/Users/ユーザ名/Sites の中が http://localhost/~ユーザ名/ で参照できるようになります。
gitクローンしたフォルダの中のpublicフォルダのシンボリックリンクを 上記Sitesの中に作ってあげます。
$ cd
$ git clone --recursive git://github.com/fuel/fuel.git testapp
$ cd ~/Sites
$ ln -s ~/testapp/public testapp
これで http://localhost/~ユーザ名/testapp/ でアクセスできるようになりました。
と思ったら、「Composer is not installed. Please run “php composer.phar update” in the root to install Composer」と表示されます。
よくわかりませんが、言われるがままにコマンドを叩きます
$ php composer.phar update
コマンド実行すると、ターミナル上に 警告 が表示されてドキっとしてしまいます。
Warning: This development build of composer is over 30 days old. It is recommended to update it by running “composer.phar self-update” to get the latest version.
とりあえず言われるがままにコマンドを叩きます
$ php composer.phar self-update

とりあえず怒られなくなりました。

ということでブラウザをリロード。

怒られた!
まあ、これは単純にログファイル書こうとして、権限がないだけなので安心して対応できますね。
とりあえず fuel/app/logsのパーミッションを 777 にしちゃいます。
(本番環境では777なんて指定しないでね)
$ cd ~/testapp/fuel/app
$ chmod 777 logs
で、再度ブラウザをリロード。
で、また怒られます ><

システムで設定されているタイムゾーンを使うのは危ないから、ちゃんとタイムゾーン設定してね、みたいなこと言われてる?なんでシステムで設定されてるのだめなん?とか思いつつ、ググります。

PHPバージョンアップの際に発生するタイムゾーンエラーの対処方法

うむ、とりあえず .htaccess に設定することにしました。
$ cd ~/testapp/public
$ vi .htaccess
で、末尾に php_value date.timezone Asia/Tokyo を追記しました。
diff --git a/public/.htaccess b/public/.htaccess
index bffe79e..537ae15 100644
--- a/public/.htaccess
+++ b/public/.htaccess
@@ -54,3 +54,4 @@
        </IfModule>
 </IfModule>
+php_value date.timezone Asia/Tokyo
で、再度ブラウザをリロード。

来たよ!来たよ!僕のマックにもFuelPHPが来たよ♥
ということで、いつか分からない次回に続く。

追記 

日本語ドキュメントの「設定」を読んでたら、タイムゾーンの設定はFuelPHPのconfig.phpでも指定できるみたい。
.htaccessは環境によって使わないかもしれないので、config.phpでタイムゾーンを指定するようにしました。

diff --git a/fuel/app/config/config.php b/fuel/app/config/config.php
index 5993891..6790f3d 100644
--- a/fuel/app/config/config.php
+++ b/fuel/app/config/config.php
@@ -94,7 +94,7 @@ return array(
* default_timezone optional, if you want to change the serv
er's default timezone
*/
// 'server_gmt_offset' => 0,
- // 'default_timezone' => null,
+ 'default_timezone' => "Asia/Tokyo",

/**
* Logging Threshold. Can be set to any of the following:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。